こんにちは!愛知県豊田市を拠点に、名古屋市をはじめとした愛知県内各地で、高速道路における規制包括請負や各種道路維持管理など、道路に関する業務を手がけている株式会社ライフ・ロードです。
高速道路での道路工事にて、交通規制を行うのが「高速道路規制員」です。
一般の道路工事の交通誘導員よりも専門的な知識と技術を必要とする高速道路規制員は、需要が増加する職業となるでしょう。
今回は、高速道路規制員の展望や将来性についてご紹介いたします。

日々の点検とメンテナンス

休むことなく多くの車両が通行する高速道路は、道路に過度の負担がかかる上、事故も多く、一般道よりも道路の劣化や損傷が激しくなります。
劣化や損傷を放置すれば、新たな事故を誘発してしまう恐れもあるため、日々の点検とメンテナンスは欠かせません。
点検とメンテナンスを行う際、交通誘導と安全確保のため、専門的な技術を有する高速道路規制員の交通規制が必要です。

高速道路老朽化によるメンテナンスの増加

高度経済成長期のころにさまざまなインフラが建設されて、社会生活を豊かにしてきました。
しかし、それから30年から40年ほど経った現在、高度経済成長期に建設されたインフラは老朽化しており、高速道路も含まれます。
老朽化が進むと、高速道路崩落の危険度が増し、大きな事故が発生する恐れがありますので、危険な箇所を見つけ出し、点検・メンテナンスを行うことが急務になっています。
全国に老朽化した高速道路は多くあり、今後行われる大規模な修繕工事の現場も、高速道路規制員が活躍する場となるでしょう。

専門的な技術の必要性

高速道路規制員は、一般道での道路工事の交通誘導員と比べ、専門的な技術が求められます。
危険と隣り合わせの高速道路では、的確かつ速やかな判断で、手順を守った作業を行わなければなりません。
専門的な技術は、高速道路規制員として多くの経験を積み重ねて得られるものですので、作業を行える業者が少ないというのが現状です。
高速道路の点検・メンテナンス・修繕工事といった作業は、今後増え続けていくでしょう。
現場経験を重ねて、高速道路規制員として成長できれば、将来の展望が開けるでしょう。

【求人】ライフ・ロードでは新規スタッフを募集中!

弊社では、各種道路工事に携わってくださるスタッフの求人募集を行っております。
意欲のある方でしたら、経験・未経験は問いません。
育成制度を整えておりますので、安心して仕事に臨んでいただけます。
社会保険や福利厚生、昇給・賞与もございます。
高速道路工事や道路工事にご興味がある方は、弊社までご連絡ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


高速道路工事・道路工事なら愛知県の(株)ライフ・ロード
ただいま高所作業オペレーター求人募集中です!
〒470-1211 愛知県豊田市畝部東町寺前13番地2
電話:0565-42-4001 FAX:0565-42-4003
※営業電話お断り